8-1 ワックス原型の製作

2018年3月18日
すごく簡単シルコーン型作成。

紙コップでシリコン型製作。


元型と上コップはボンドで倒れないように固定しておきます。
シルコーンをそっと流し込みます。原型が倒れないことに注意します。

ロストワックス法でのゴム型の製作では、原型が必要ですがその原型を簡単に作成する方法として、ハードワックスで作成する方法があります。原型を作成します。
シルコーンシルコーンSMA
硬いワックス・・・ハードワックスでないと形状が維持できなくで変形してしまいます。
上図の右端がハードワックスで作成したワックス製品をシルコーン型を作成するための準備をしたところです。
ガラスでサンドイッチ状にハサミシルコーンが染み出ないように隙間を柔らかいワークスで埋めます。
そのようにして作成したワックス型は写真中央の右の商品です。
原型と同じ製品が出来上がったことが確認できると思います。
スポンサードリンク



情報
ワックスを方から取り出すとき・・・さめてから取り出すこと・・・形が崩れたりヒケの状態になったりする。
 (さめることで収縮することを考慮する)
段差防止・・・角を切り開く口にすると処理がし易くなる・・角はバリ処理で可

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です